umechaの卓球研究室

卓球大好きなumechaです カットマンを中心に異質ラバーなど、卓球に関する記事を発信します

スポンサーリンク
MENU

卓球指導方法

【卓球指導法】カットマンへの指導で拘るところは、下回転の強さではない

カットマンを指導する際に下回転の強さに拘る必要はありません。 強い下回転は、一つの手段にすぎません。 拘るなら弾道の低さです。

【卓球指導】自主講座での高齢者の指導法に思う事

こんにちは umechaです今回の記事は 以下です 【卓球指導】高齢者の指導法に思う事 ⇩本記事は以下の方におススメです⇩ 高齢指導者 教えた通りにしろ!! ⇩本記事を読むと以下が わかります⇩ 管理人umecha 本記事は自主講座で卓球を教えている高齢の方向けの…

【卓球指導】中~高齢 初心者の方に対して、サーブやレシーブを教える必要性の疑問

本ブログの御訪問ありがとうございます。 こんにちは カットマンのumechaです。今回の記事は 以下に関する記事です。 【卓球指導】中~高齢 初心者の方に対して、サーブやレシーブを教える必要性の疑問 ⇩本記事は以下の方にオススメです⇩ 自主講座の講師 サ…

【卓球指導法】高齢指導者が後ろに下がるなと指導⇐意味不明

本ブログの御訪問ありがとうございます。 こんにちは カットマンのumechaです。今回の記事は 以下に関する記事です。 【卓球指導法】高齢指導者が後ろに下がるなと指導⇐意味不明 ⇩本記事は以下の方にオススメです⇩ 疑問を持つ卓人 高齢の指導者に後ろに下が…

【卓球指導】スマッシュは積極的に練習させましょう

卓球を指導する立場の人は、フリー練習で積極的にスマッシュを練習させなくてはいけません。 スマッシュは、威嚇や威圧ではりません。高く浮き上がったボールをミスなく打つ最適解です。

【卓球指導法】初心者への教え方 体を使うことに拘ってはいけない

卓球の自主講座の講師へ向けた記事です。卓球の教え方を解説します。 無理に体を意識させる必要はありません。ましてや自分の体の動きを教えてはいけません。個々人によって体格が違うからです。

【卓球指導法】地域の卓球クラブでカットマンを教えるということ

地域の卓球クラブ(例えば自主講座尾)の指導者に向けた記事です 卓球経験者というだけで カットマン経験がないのにカットマンを教えてはいけません その理由を解説します

本ブログの文章や画像の無断転用を禁止します