umechaの卓球研究室

卓球大好きなumechaです カットマンを中心に異質ラバーなど、卓球に関する記事を発信します

スポンサーリンク
MENU

【卓球用具】中~高齢の初心者の方にオススメのラケット構成

本ブログの御訪問ありがとうございます。

 

こんにちは カットマンのumechaです。
今回の記事は 以下に関する記事です。

【卓球用具】中~高齢の初心者の方にオススメのラケット構成

  

⇩本記事は以下の方にオススメです⇩

中~高齢者の方

今からだけど 健康と趣味作りを兼ねて卓球をはじめてみるかな

⇩本記事を読むと以下がわかります⇩

f:id:umecha5555:20220320191205j:plain

管理人umecha

本記事は中~高齢から
卓球を始めようとする方向けです。
卓球というスポーツの簡単な説明。
高齢や中年の初心者にオススメのラバー構成

 

 

卓球を始めるにあたって卓球の特徴解説

概要

卓球の特徴を簡単に説明しますと、以下の特徴があります。

 

👉回転の影響が強いスポーツ』

ラケットに ゴム性のラバーを貼っています。
ゴム性のラバーは引っ掛かりが強いため、以下の特徴があります。

  • 回転がかかりやすい
  • 回転をくらいやすい

そのため、相手からボールに強い回転を掛けれれると
ボールが予測もしない方向に飛んで行ってしまう奥深いスポーツです。

 

 

👉バックは結構 難しい』

以下の理由から バックは難しいです

  • フォアに比べて 返球タイミングも早いし、タイミングが掴みにくい。
    バックは フォアと違い 体の前で受けるからです。
    したがって 返球するタイミングも早くなります。
    また 体の前での返球であるがゆえに、遠近感覚も取りづらく
    返球タイミングも難しいです。

  • 攻撃が難しい
    これは 初心者の方にとって技術的に 結構難しいです


  • フォアに比べて、威力を出しくい
    腕の稼働範囲が狭いため

 

👉つまり・・・』

バック側に強い回転のボールが来ると、中~高齢初心者の方では、
返球自体が難しいし、威力のあるボールも出しにくいのです。

 

 

中~高齢初心者にとってラバー選びのコツ

つまり、中~高齢初心者の方にとって、バックをどう考えるかが
ラバー選びの重要な要素となります。

 

予備知識として、

裏ソフトや 粒高などのラバーの概要は以下の記事を御参照ください


 

卓球の特徴から見る高齢初心者にオススメのラバー構成

結論

以下のラバー構成がオススメです

  • フォア⇒裏ソフトもしくは 表ソフト どちらでもいいです
  • バック⇒粒高

粒高に関しては、以下の記事を御参照ください。


 

理由

技術的レベルの目指す先が どこにあるかですが 以下を想定します

  • 趣味として 運動不足解消のためにも健康的に楽しみたい
  • 市の大会などに出たとしても 初心者コースで少し勝てれば御の字だ

上記が目的だとすると、
スキル的に習得の難しいバックスマッシュや バックドライブなどを、
ガンガンに振る必要はありません。

 

当てるだけの防御といった感じの運用です

つまり・・・・

  • フォア:攻撃
  • バック:防御

 

このような運用ですと、バック面に裏ソフトを貼ったとして
裏ソフトのメリットを、十分に引き出せません。

 

なぜなら 裏ソフトは、以下のメリット デメリットから

 メリット  攻撃時 強い回転を掛けることができ スピードも出せる 
 デメリット  防御時 相手の回転の影響も食らいやすい

スキル 的に習得が難しい、バックドライブや バックスマッシュなどの攻撃が、
その本質となるからです。

 

つまり ただ あてて防御するだけとなると
裏ソフトのメリットは活かされず 相手の回転を食らいやすいという
デメリットのみが、生きてしまいます

 

それでしたら バック側のラバーを粒高にすることにより 
以下のメリットがあります

 

👉メリット』

  • 相手の回転の影響を受けづらい=防御に優れている
  • 弾まないので 強い球を受けても 台に収まりやすい
  • 当てたついでに 回転の変化をつけることができる

防御よりのラバーだと言えますが、以下のデメリットもあります。

 

👉デメリット』

  • スリップするラバーなので 攻撃がかなり難しくなる。
    しかし 今回想定する運用は
    バックスマッシュやバックドライブはしない前提での運用なので
    デメリットとは言えません。

運用については 事項より解説します。

 

 

フォア裏ソフト バック粒高にすることによる実際の運用

ザックリ解説

バックに来るボールは粒高で防御して、フォアに来たボールは攻撃します。
しかも 後述しますが、バックに粒高を貼ることにより、
防御ついでに、回転に変化をつけることになります。


つまり、前述の説明した以下となります。

  • フォア:攻撃
  • バック:防御

 

バックに来た上回転系のボールの対処

全てブロックで防御します。 

相手⇒こちらへの上回転をそのまま 相手に返す形になるので 

こちら⇒相手への下回転になります

相手にとって 下回転は 返球手段の限られた非常に難しいボールです。
相手が初心者であれば、この下回転のボールに対し、ミスが多くなります。

 

バックに来た下回転系のボールの対処

相手がツッツキなどで 
相手⇒こちらへの下回転を返球してきたら

プッシュで押してあげましょう。
こちら⇒相手への そこそこの速さの上回転攻撃となります

 

 

相手にとっての粒高とは

基本的に 粒高の性質を知っている人は少数です

相手は 変化に対する対処の仕方を知りません

 

仮にYOUTUBE等の動画で知っていても

粒高を使い 前陣で変化をつけるプレイヤーも ほとんどいないので

頭では理解できても 体が追い付かないでしょう

 

まとめ

  • 高齢の初心者の方に おすすめのラバーの紹介です
  • フォアは裏ソフトOR表ソフト どちらでもいいです
  • しかし バックは粒高を推奨します
  • バック粒高は 攻撃力はありませんが防御に
    重点を置く運用なので問題ありません

 

高齢や中年の初心者の方にオススメのバック面ラバーです

⇩アタックエイト⇩

 

本ブログの文章や画像の無断転用を禁止します