umechaの卓球研究室

卓球大好きなumechaです カットマンを中心に異質ラバーなど、卓球に関する記事を発信します

スポンサーリンク
MENU

【卓球技術】カットマンにとって バックカットがフォアカットより重要な理由

こんにちは UMECHAです。

今回は 以下に関する記事です。

 

【卓球技術】カットマンにとって 
バックカットがフォアカットより重要な理由

 

⇩本記事は以下の方にオススメです⇩

f:id:umecha5555:20220319144104p:plain

最近カットマンを
はじめました

カットマンって
バックカットがフォアカットより
大事なの?

⇩本記事を読むと以下が わかります⇩

f:id:umecha5555:20220320191205j:plain

管理人umecha

その通りです
詳しく説明します

  • カットマンにとってバックが弱点であること
  • カットマンを知っている攻撃マンであれば 
    ほぼバックを狙われる

 

 

本ブログで言いたいこと

f:id:umecha5555:20210617172927p:plain

バックカットは、カットマンにとって弱点でもあります。
腕の稼働範囲が狭いので、相手攻撃マンの強いドライブが
抑えづらいのです。


カットマンを よくわかっている攻撃マンは、
カットマンの弱点がバックにあることを知っています。
なので、ほぼバックを狙ってきます。

 

カットマンも異質ラバーなどで、バックカットの弱点をフォローするのですが、以下のスパイラルに陥ります。

バックカットはフォアカットに比べて不利
バックカットの不利を補うために
粒高などの異質ラバーを使用
粒高の使用によりバックカットは安定
しかし粒高のデメリットが発生
相対的にカットマンは、
フォア側より バック側が弱くなる

 

結果 攻撃マンからバック側を狙われ、試合中でも、バックカットがメインとなってきます。


ですから、フォアカットより バックカットが重要になってくるのです。

 

 

なぜバックカットは フォアカットに比べて不利なのか

バックカットのデメリット

バックカットは、フォアカットに比べて不利です。
バックカットはフォアカットに比べて以下のデメリットがあります

  • 体の前でのカットなので、相手の強ドライブの威力が強い内の処理
  • 腕の稼働範囲が狭い
  • 体重を掛けにくい

 

⇩詳しくは以下の記事を御参照ください⇩



 

つまり、バックカットは上記デメリットより
ただでさえ 相手の強ドライブを、抑えにくいのです。

 

そこへ来て 引っ掛かりが強く、相手の回転の影響を受けやすい
裏ソフトを使おうものなら まずコントロール不可能です。

 

補足 フォアカットのメリット

フォアカットに関しては 以下のメリットにより、

  • 体の横でのカットなので、相手の強ドライブの威力が弱くなる
  • 腕の稼働範囲が広い
  • 体重を掛けやすい

引っ掛かりの強い裏ソフトでも、相手の強いドライブでも抑え込めます。
そして、裏ソフトの強い引っ掛かりから、
強い下回転や様々な回転(変化) はては攻撃までできます。

 

 

では バックカットのデメリットをどうフォローしている?

概要

バックカットのデメリットを、ラバーで補っています。
つまり バック面を異質にすることにより、相手の強ドライブの影響を
受けにくくしているのです。

 

一番 多いのが、粒高でしょう。
粒が倒れることにより、ボールがスリップをするので、
相手の強ドライブの影響を受けにくいからです。

 

確かに カットは安定します
しかし 癖の強い粒高の性質により、以下の新たな弱点ができてしまいます。

<粒高にすることのデメリット>

  • 自分から回転を掛けられない(変化をつけられない)
  • バックカットの回転量自体が、相手のドライブの回転量に
    依存していまう
  • ツッツキに 強い下回転をつけるのが難しくなる
  • 攻撃が難しくなる

 

 

では粒高のデメリットは、どうフォローしてる?

自分から回転を掛けられない(変化をつけられない)

裏ソフトであれば 強い下回転は当然として、
ナックルカット、サイドスピンカットなど様々な回転が
掛けられるのですが、粒高では、これは諦めるしかありません。

 

 

バックカットの回転量自体が、相手のドライブの回転量に依存していまう

この弱点の一番の難点は、攻撃マンから意図的にナックルボールを、
バック側に送られると、ナックルカットになってしまう点です。

 

この意図的なバック側に対するナックルボールの対応は、
以下の記事でも紹介している対策があります。


⇩バック側にナックルボールを送られる時の対策⇩

確かに 強い下回転と謙遜のない ネットミスを誘発できますが、
やはり 裏ソフトを使った 稼働範囲の広いフォアカットから、
繰り出される下回転量には及びません。

 

ツッツキに 強い下回転をつけるのが、難しくなる

粒高で頭を悩ますのが ツッツキに対する処理です。

粒高は粒が倒れてスリップしてしまうので、
相手のツッツキを、ツッツキすると浮いてしまいます。

 

これに対しては、下回転は諦めて、ナックルプッシュや流しと呼ばれる
技術を使います。

 

 

攻撃が難しくなる

これが、一番痛いデメリットで バック側に浮いた玉を、
スマッシュするのが かなり難しいです。

 

何度もの解説になってしまいますが、粒が倒れてスリップするので
バックスマッシュしても裏ソフトみたいにボールを掴んでくれず
粒がスリップして、落ちてしまいます。

 

よほど、相手攻撃マンのボールが浅ければ、粒でのバックスマッシュが
決まりますが、基本的にはこれは諦めバックカットです。

 

 

攻撃マンにとって、カットマンのフォア側への返球にメリットなし

カットマンにとって、バックカットの安定のために
粒高にする人が多いです。

バックカットを安定しますが、新たな弱点が出来てしまいます。
その弱点も、運用である程度カバーはできるのですが、
諦めなくてはならない弱点はできてしまいます。

 

バック粒高のカットマンに残るバック側の弱点は、以下です。

自分から変化を掛けられない 諦める
攻撃が難しくなる 諦めてバックカット
浅く浮いたボールのみバックスマッシュ

 

つまり、カットマンのバック側に以上の弱点がある以上
攻撃マンにとって、カットマンへのフォア側への攻撃に、
何一つメリットがないのです。

 

攻撃マンが安易にカットマンへボールを、フォアに送ろうものなら
強い回転で、下回転や下回転以外の様々な変化をつけられたり、
場合によっては、スマッシュを打たれます。

攻撃マンにとって、カットマンのバック側にさえボールを送れば
以下のメリットのまま攻撃ができます。

  • 強い下回転をくらうこともない
  • 多彩な回転(変化)をくらうこともない
  • つっつきも強い下回転がかかっていない
  • 深くさえボールを送っていれば、多少浮いてもスマッシュを受ける
    ことが少ない

つまり カットマンを知っている攻撃マンは、バック側をメインに
攻撃を返球することになります。

 

カットマンがバックカットをメインに練習すべき理由

理由1 バックカットの難易度の高さと メイン攻撃される確率の高さ

今まで上述しました通り 
バックカットは、異質にしたとしても 難易度が高いです。

 

それゆえに 試合でもバック側へメイン攻撃される確率が高いからです。
異質に慣れる意味でも、バックカットの練習をすぐに開始しましょう。

 

 

理由2 フォアカットは結構簡単

やってみると、フォアカットは結構難易度が低いです。
攻撃マンの方も遊びでできてしまうくらいです。

前述しましたが
フォアカットには、バックカットにはないメリットがあるからです。

 

フォアカットは、カットに慣れるためにして
ある程度練習したら、すぐバックカットの練習をしましょう。

 

その代わりフォアは、引っ掛かりが強く 
様々な変化をつけることができます。
将来的に、以下を身に付けたいところです。

●サイトスピンカット 

●ナックルカット 

●スマッシュ(攻撃)

しかし これらは バックカットよりも優先度は低いですし、
難易度もそれほど高くありません。

 

理由3 異質の自分なりの運用を見つける

これも 大きい理由です。
さきほど 説明しましたバック面を異質にしても、別の弱点が出てきます。

 

特に粒高に関しては 以下のデメリットを運用で何とかするしかありません

●相手がナックルをしかけた場合 どう処理するか

●相手がツッツキをした場合 どう処理するか

●バック側に高いボールが来た場合の対応(粒高は攻撃が難しい)

 

 

バックカットのコツ

⇩以下の記事を御参照ください⇩

 

まとめ

  • カットマンは バックカットが弱点です
    バックカットは強ドライブを抑え込みにくいからです
  • カットマンは バックカットで強ドライブを抑え込むために異質にします
  • 確かにカットは安定しますが 異質であるがゆえの 別の問題が出てきます
  • 従って カットマンにとって バックカットは。どう足掻いても弱点となります
  • カットマンを理解している攻撃マンは バック側に重点的に攻撃をしています
  • 従って カットマンはバックカットがメインのカットとなります
  • 上記より カットマンは バックカットの精度向上と異質の運用法を確立しなくてはいけません

 

本記事は以上です

最後までお読み頂きありがとうございます

 

本ブログの文章や画像の無断転用を禁止します