umechaの卓球研究室

卓球大好きなumechaです カットマンを中心に異質ラバーなど、卓球に関する記事を発信します

スポンサーリンク
MENU

【卓球技術】初~中級者バック粒高カットマンへの提案 相手のドライブが弱い場合の対処法 シェークバック粒攻撃型

こんにちは umechaです
今回の記事は 以下です

 

【卓球技術】初~中級者バック粒高カットマンへの提案 
相手のドライブが弱い場合 シェークバック粒攻撃型

 

⇩本記事は以下の方におススメです⇩

f:id:umecha5555:20220320191205j:plain

管理人umecha

最近思うんだけど
ドライブが弱い人の
場合、カットする意味ないよなぁ

⇩本記事を読むと以下が わかります⇩

最近思うのですが、
ドライブが弱い相手の場合 ろくなカットが掛けられません
なぜなら、弱いドライブは攻撃とは言えないからです。

最近 ドライブが弱い相手の場合
『シェークバック粒の攻撃型』
がいいのではないかと 思い始めました

 

 

 結論

基本的にカットをする場合

  • 相手攻撃マンのドライブの回転や威力が強い場合 
    強いカットをしても、ネットミスになりません。
    そえどころか、後ろに下がらないと
    相手のドライブが、抑えられません。

  • しかし、相手攻撃マンのドライブが弱い場合
    強いカットすると、ネットミスしてしまいます。
    それどころか、後ろにいるとなおさら、
    ネットミスをするので、前陣にきます。

 

なので、そもそも 相手攻撃マンのドライブが弱い場合
カットそのもの自体に疑問が出てきました。

こういう状況の場合、どうすればいいか考えた時に
シェークバック粒の攻撃型という考えが浮かびました。

 

 

弱いドライブを、カットすると?

弱いドライブの定義を以下とします。

ドライブの回転量が弱く、玉も浅く飛んでこない

こういうボールは初心者に多く、中級者にも多いです。 

 

上記のようなドライブを、後ろに下がってカットすると
どうなるでしょうか?

以下の2つの問題が、考えられます。

  • 問題点1
    相手のドライブ回転の反発がなく、ネットミスしやすい。

  • 問題点2
    ネットミスしないように、すくいあげるカットとなってしまう。
    結果 浅く、高いカットになり、打ち込まれやすくなります。

 

 

相手攻撃マンのドライブが弱い場合 
シェークバック粒とは?

相手攻撃マンのドライブが弱い場合 
カットそのものへの疑問に対する一つの答えとして
カットマンのラバー構成が以下が、多いことを利用します 

  • フォア面は裏ソフト
  • バックは異質で粒高

 

運用について前陣に張り付き、以下となります

  • フォア側にボールが来れば攻撃
  • バック側に上回転ボールが来れば:粒高でブロック
  • バック側に下回転ツッツキが来れば:粒高によるプッシュ

 

粒高のブロック プッシュに関しては、
⇩以下の記事を御参照ください⇩


 

防御と変化に特化したバック粒高運用詳細

相手の上回転ボールが
バック側にきた場合(カット性ショート)

粒高で前陣ブロックをすると 下回転になります。

 

もっとも 今回の想定は 
相手攻撃マンのドライブ回転が弱い場合なので 
ブロックによる下回転も 大したものではありません。

 

その代わり 弾道が低く、直線的で浅い下回転という、
カットとは、質が異なる下回転ボールが放てます。

⇩これをカット性ショートと言います⇩

 

弾道が低く 浅い 下回転は 
ドライブが難しいので基本的には ツッツキで対処されます

 

その場合は 次章の
相手の下回転ボール(ツッツキ等)がバック側に来た場合
を御参照ください

 

相手からツッツキなどの下回転ボールが
バック側に来た場合(プッシュ)

バック粒高による カット性ショートなどで
相手が、ツッツキで対処したとします

 

  • バック側でもフォアに回り込む余裕がある場合
    フォア側に回り込んで 状況によって以下となります
    高いボール:スマッシュ
    低いボール:スピードドライブ

  • フォア側に回り込む余裕のない場合
    粒高による回転反射機能を使い
    プッシュという 上回転の低く 直線的で 
    速い攻撃的なボールを放ちます

⇩粒高によるプッシュ⇩

 

 

シェークバック粒の利点

バックは防御と変化に特化

カットマンはバック粒高の場合 
バック側は、バックカットメインとなります。

 

バックハンドでの攻撃は、できなくもないといった感じで 
特に初~中級者未満のカットマンの方は、苦手な方が多いです。

 

しかし、バックハンドによる攻撃が苦手でも
前陣にたって、粒高を生かし防御と変化に特化させることが
できます。

 

変化でチャンスボールを誘い、チャンスボールが
来れば、回り込んで裏ソフトによるフォアの一撃を叩き込む
というのが、基本的な運用となります。

 

 

前陣粒高の変化を知らない人が多い

このバック粒高による 回転反射機能のいいところは 
この粒高の性質と、対処方法を知らない人が
ほとんどな点です。

 

初心者~中級者なら、よほどマニアックな方でない限り 
対応は難しでしょう。

 

 

まとめ

  • 相手のドライブが弱い場合の
    対処法としてシェークバック粒の前陣型を考えてみました
  • フォアは裏ソフトでの攻撃に特化
  • バックは粒高での防御と変化に特化
  • 粒高での変化を知らない人が多いので有利

 

本ブログの文章や画像の無断転用を禁止します