umechaの卓球研究室

卓球大好きなumechaです カットマンを中心に異質ラバーなど、卓球に関する記事を発信します

スポンサーリンク
MENU

【卓球指導法】地域の卓球クラブでカットマンを教えるということ

こんにちは カットマンのumechaです

今回は 以下についての記事です

 

【卓球指導法】地域の卓球クラブでカットマンを教えるということ

 

☟こんな方にオススメの記事です

f:id:umecha5555:20210606121656p:plain

卓球の
自主講座の講師

自主講座の講師やっているけど
カットマンやったことないし
カットマンにどう教えたらいいんだろう

f:id:umecha5555:20210606112320p:plain

自主講座に通う
カットマン

カットマンだけど 自主講座の講師の方が自身の価値感を押し付けてくる

 

これは カットマン自体が少ないので 比較的よくある光景ですね。

カットマンである私自身 これに困らされました。

 

教えたがる人のカットマンのイメージと、実際のカットマンの剥離の大きさにです。

 

今回の記事は自身が

カットマンでカットマンを教えてる人向けではありません

 

今回の記事を読むとカットマン経験の無い人が地域の卓球クラブで カットマンの人に教える時の注意点がわかります

 

 

結論

f:id:umecha5555:20210718181436p:plain

自主講座の講師の方へ

カットマンの経験がない方は無理に教える必要はありません

あなたは ⇩以下のように⇩イメージされていると思います

f:id:umecha5555:20210606121656p:plain

卓球の
自主講座の講師
  • 強い下回転を相手に送る❗
  • 後ろに下がり、ボールの軌道が弧線❗
  • カットマンは、粘り強くなくてはいけない❗
  • ツッツキも強い下回転がかかり遅い球❗

後述しますが あなたが知っている そのカットマンは

限定された条件下のみのものです

 

卓球は、用具 戦型一つとっても奥が深く、例え 経験者であっても知らないことを、教えていい理由にはなりません。

 

あなたは ただ 

カットマンが課題を練習しやすいように、強いドライブを送ってあげたり など

「教える」のではなく「練習を手伝う」という感覚でいましょう

 

自主講座に通うカットマンの方へ

あまりに その人の価値観を押し付けてくるようであれば、そこは やめたほうがいいです。

あなたが 不快になるだけです。

 

 

カットマンのイメージに対して実際は?

①強い下回転を相手に送る『技術編』

f:id:umecha5555:20220320191205j:plain

管理人 umecha

-回答-
それは あくまでカットマンの得点のための一手段です

確かに強い下回転は、レベルの高い攻撃マンに対して、質の高いスピードドライブを打たせづらいです。

また 結果論としての ネットミスも誘いやすいでしょう。

 

しかし あなたに 一つ聞きます。

下ナックルボールを全て ミスなく、スピードドライブで返せますか? 

全てミスなく、スピードドライブで返せれば大したものです。

 

実際問題として、中級者の中には 強い下回転打ちが得意でも案外 下ナックルボールの返球が不得意な方もいます

 

相手が 下ナックルでミスしまくっている状況であれば、わざわざ 強い下回転を送る理由はありません

 

特に初級者の方は、自分で回転を掛ける技術が弱いので、特に下ナックルは効きます

こういう方の 下ナックルボールに対する失点パターンは、以下が多いです

  • 持ち上げようとして オーバーミス
  • 強打しようとして ネットミス

 

つまり まとめると以下となります

  • 強い下回転は、カットマンの防御手段の一つであって
    それ自体が目的ではない
  • 下ナックルでも、相手がミスをすれば それは立派なカットと言える
  • 「下回転が強い」とか「下回転が弱い」と言うのは
    カットマンであることに対して関係がない

 

知識と理解のない 講師の方からは、矯正の対象とされてしまいまが、あくまで そのカットマンのプレースタイルにもよります。

 

本人が、強い下回転が打てなくて悩んでいるというケース以外は、
強い下回転に矯正する必要はありません。

 

⇩下回転の強さに関しては以下の記事も参照ください⇩

 

 

①強い下回転を相手に送る『用具編』

f:id:umecha5555:20220320191205j:plain

管理人 umecha

-回答-
バックに粒高を貼っている場合は 用具の関係で強い下回転とは限りません

以下 実話です

カットマン経験のない 理解と知識のない ある講師の方が、
以下のように言っていきました。

f:id:umecha5555:20210606213952p:plain

実は知識とスキルがない
自称講師

バックカットに全然回転掛かってね-

 

しかし 私がバック面に貼っているのは、粒高です。

 

粒高は 自分から回転を掛けられないという致命的なデメリットと引き換えに
相手のドライブの影響を受けず相手のドライブを 
そのまま相手にカットとして返す
ラバーです。

 

ですので、私のバックカットに回転が掛かっていないのは、その方の 
ドライブ回転が弱いからなのです。

 

粒高に関して 粒高の特徴と カットマンがバック面に粒高を貼る理由は
⇩以下の記事を参照ください⇩


 

 

要は ラバーのことを ろくすっぽ知らない人と見られます

 

私は 相手のドライブ回転が弱い場合 

オーバーミスをしないことを利用して、台に張り付くくらい 前に出ます。

 

弱いドライブ回転の場合限定になりますが、

前陣に陣取ることによる、高い位置からの直線弾道のカットを狙います。

( そもそも弱いドライブ回転を、後ろに下がってカットすると、ネットミスしやすい)

 

⇩詳しくは 以下の記事を御参照ください⇩


 

②後ろに下がり ボールの軌道が 弧線を描く

f:id:umecha5555:20220320191205j:plain

管理人 umecha

-回答-
これも あくまでカットマンの返球手段の1つです

このイメージは トップ選手が、そうしているからなのだと思います。

 

しかし ここに、大きな勘違いがあります。

それはトップ選手と、我々 地域の卓球クラブでの初~中級者との圧倒的な ある違いです。

 

その圧倒的なある違いとは、対戦相手のドライブの回転量とスピードです。

トップ選手の強力なドライブによる回転量とスピードを、カットて捌くには、あれくらい後ろに下がらないと、オーバーミスしてしまいます。

 

では、自身が初~中級者で

対戦相手も初~中級者レベルとなり、対戦相手のドライブ回転が、それほど強くない場合、なんでもかんでも 後ろに下がると、どうなるでしょうか?

 

答えは ドライブによる反発力がなくネットミスとなります。

 

私は プレイスタイルとして、相手のドライブ回転を見て、相手が強いドライブをかけてくる場合は、抑えきれないので、後ろに下がり 強いカットで返球します。

(強いドライブは 強いカットで返球できる)

 

しかし、相手のドライブが弱い場合は先述のように 

台に張り付くくらい前に出て、高い位置から直線弾道的なカットをします。

 

これも 理解と知識のない 講師の方から

自身のイメージと かけ離れているのか矯正の対象とされるようです

 

 

③カットマンは 粘り強くなくてはいけない

f:id:umecha5555:20220320191205j:plain

管理人 umecha

-回答-
そんなことはありません カットマンにも様々な個性 戦型があります

カットマンという戦型は同じカットマンでも、人によってかなりの差がでます。

 

  • かなり後陣に陣取り、自身の攻撃が難しくなっても相手がミスするまで、粘るカットマンもいます。
  • 回転量や、回転そのものに 積極的に変化をつけ速攻で、相手のミスを狙うカットマンもいます。
  • 私のように、前~中陣に立ち粒高による特性を利用し、ともに攻撃も可能としますが その代わりに 前~中陣にいるために粘り弱いカットマンだって、他にもいるかもしれません。

 

よって 何が正しいとか 何が間違っている

というのではなく、本人に考えがあればそれが正解なのです。

 

 

④ツッツキも強い下回転がかかり遅い球

f:id:umecha5555:20220320191205j:plain

管理人 umecha

-回答-
そんなことはありません 特にバック面が異質ラバーの場合 そのラバーによります

カットマンには、バック面に粒高ラバーを、貼っている人が多いです。

 

粒高は、自分から回転をかけれません。

粒が倒れて、スリップするからです。

 

特に 粒高でツッツキをすると、ボールがスリップし、ナックル状態で浮いてしまい撃ちこまれます。

よほど上級者であれば、粒高でも強い下回転を掛けて、ツッツキすることはできます。

 

では 初~中級者は、どのように粒高でツッツキをしているのでしょうか?

答えは 粒高の返球技術であるナックルプッシュや流しと呼ばれる技術を使います。

 

これらの技術の特徴は以下です。

  • 弾道が低く直線的
  • ボールスピードが速い 
  • ナックル性の返球しづらいボール
  • バウンド直後を狙うので返球タイミングが早い

 

よって、ツッツキをしかけてきた相手に対して、カウンターのような 攻撃と見ることもできます。

 

ここでも 理解と知識のない講師の方は、カットマンは、ツッツキでも 強い下回転で、弧線を描くツッツキでもすると思っているのか イメージとかけ離れているらしく矯正しようとする人がいますね

  

これも カットマンから見ると、ラバーのことを ろくすっぽ知らない人と見ます

 

 

カットマンを教えることができる条件

では 最後にカットマンを教えることができる条件を解説します。

主に以下が最低条件にあります。

 

👉当然カットマンという戦型に対しての深い知識

特に初~中級者の攻撃マンは、ドライブ回転の強さに幅があるので、状況に応じた 柔軟なカット対応の知識が必要です。

 

上述しましたとおり

後ろに下がって 弧線を描く 強い下回転は カットマンが状況に応じた 戦い方をしている一手段であり、正解ではありません。

 

あなたのイメージや、一般論は聞いていませんし必要ありません。

必要なのは、実戦の中で築き上げられた論理なのです。

 

だからこそ、生半可な知識で、カットを教えてはいけないのです。

 

 

👉ラバーに対する深い知識とその特徴を生かした戦い方

自主講座の講師の方は、意外と知っている方が少ないです。

知ったつもりでも ダメです。

知っているだけと、使ったことがあるとでは  天と地ほどの差があります。

 

もっとも 一般人の方で、「頻繁に 異質ラバーも試したことがある」という方も、少ないでしょう。

 

だからこそ 生半可な知識で、カットを教えてはいけないのです。

 

 まとめ

これは 卓球に限らず、広く人間関係にも言えることですが、イメージで相手を決めつけるのではなく まず 相手を理解してあげることが、大事なのだと思います

 

卓球は 奥深く 楽しいスポーツというばかりではなく、人間関係の根本まで学ぶことができる素晴らしいスポーツですね。

 

特に卓球において 情報量が少ない カットマンに関しては、なおさら 自身の小さな知識と固定観念で相手を決めつけるのではなく、相手を理解してあげることが重要です

 

以下 本記事で 言いたいことです

カットマン本人が そのスタイルの

メリット デメリットを把握して自分で選択していることが重要です

 

他人が 自分のイメージだけで こうあるべきと

相手を批判し 自分のイメージ通りに強制するのは 間違っています

 

本ブログの文章や画像の無断転用を禁止します