umechaの卓球研究室

卓球大好きなumechaです カットマンを中心に異質ラバーなど、卓球に関する記事を発信します

スポンサーリンク
MENU

【卓球技術】ボールを高く打ち上げるロビング

こんにちは umechaです
今回の記事は 以下です

【卓球技術】ボールを高く打ち上げるロビング

 

⇩本記事は以下の方におススメです⇩

f:id:umecha5555:20210606122619p:plain

卓球初級者

よくボールを高く打ち上げるやつあるけど
あれって何?

⇩本記事を読むと以下が わかります⇩

f:id:umecha5555:20220320191205j:plain

管理人umecha

本記事は、卓球初心者の方に向けた記事です
ロビングはボールを高く打ち上げることにより
相手の強打の連打から防御できるばかりではなく、
こちらが攻撃に転ずるキッカケを作ることも可能です

 

  

 

本記事で言いたいこと

f:id:umecha5555:20220410204126p:plain

概要

ロビングという技術を知っていますか?

 

よく 攻撃マン同士の試合でも、相手からスマッシュを連打されている時に、
ボールをわざと高く打ち上げている技術です。

 

これは舐めプレイではありません。

この技術の特徴は、相手が攻勢になっている状態に対して、

  • 自分の防御の時間を作る
  • ロビングが深ければ、相手が下がっていく
  • 高く打ち上げられたボールは、へなちょこスマッシュになりやすい
  • 相手のへなちょこスマッシュを逆に、こちらの攻撃に転換

という、防御から こちらが、攻勢になりやすい防御の最高峰の技術です。

 

 

ロビングが、防御から攻勢?

高くうち上がられるボールですので、自分の時間が稼げることについては、
理解できるとおもいます。

 

しかし 防御であるという解説については、
あまりピンと来ないのではないでしょうか?

 

f:id:umecha5555:20210606122619p:plain

卓球初級者

あんなに わざと高く打ち上げたら、
ガンガン打たれて終わりじゃん。

次章より、なぜロビングが防御から攻勢に出れる技術なのかを解説者します。

 

 

高く打ち上げられたボールは狙いづらい

我々は地球上で卓球をしています。
そして地球には、重力があります。

正確に言うと地球上のすべての物体には、大きさや質量に関係なく、
9.8m/sec2と言う 大きな加速度が掛かります。

これは重力加速度とよばれます。

 

よく 物体の重さに関わらず、すべての落下速度が同じと言われるのは、
重力加速度が 物体の大きさや質量に関わらず、常に物体に
一定に掛かる加速力だからです。

 

羽毛だろうと 鉄アレイだろうと落下速度はおなじですが、
実際には空気抵抗がありますので、鉄アレイのほうが、速くおちます。

しかし、真空中では 落下速度は同じとなります。

 

話を戻します。

 

つまり、意図的に、高く打ち上げられたボールは頂点付近で止まりますが、
そこからの落下の際 重力加速度により どんどん加速されていきます。

 

スマッシュで手の届く射程内に入った頃には、落下速度が増幅され、
非常に狙いづらくなるのです。

結果、相手のスマッシュは へなちょこスマッシュなりやすくなります。

一旦へなちょこスマッシュにして、相手の連打をキャンセルすることができれば、
今度はそのへなちょこスマッシュを、スピードドライブなり、スマッシュなりして、
こちらに攻撃の主導権を取り返すことが出来ます。

 

 

検証計算

以下の条件でロビングされたホールの落下速度を計算します。

 

スマッシュの際 台から1m程度の高さが あなたが腕を伸ばして、
高いボールを打てるスマッシュ時の射程距離とします。

 

相手は質の高いロビングを打って来ました。

台から2.5mです。

 

あなたのスマッシュ射程距離よりも1.5mも高さです。

ここから、あなたのスマッシュ射程距離まで落下した時の落下速度を求めましょう。

 

f:id:umecha5555:20220410200403p:plain


スマッシュ射程範囲の落下速度:v(m/sec)
重力加速度=9.8m/sec²
自由落下によりスマッシュ射程範囲に到達する時間 t (sec)

 

すると、次式が成り立ちます。
V=9.8t・・・式1

高さKは 上記式の積分となるので、次式となります。
K=(1/2)× 9.8t²・・・式2

 

ここで高さK=1.5mですのでt=0.55secとなります。
従って速度は、式1より、5.4m/secとなります。

 

2.5m高く打ち上げた玉でさえ、フォア打ちができる高さまで
待って打とうと思ったら、その時には落下速度が5.4m/secという
スピードに達しているのです。

しかも その速度は こちらに向かってくる速度ではなく、
縦に落下する速度なので、非常に狙うのに苦労する速度と言えます

 

 

質の高いロビング

ロビングの目的は、先述のとおり、
相手からスマッシュを連打されている状態で 以下となります。

  • 自分の次の動作への時間を作ること
  • 相手のスマッシュを狙いづらくして、へなちょこスマッシュにすること

 

従って質の高いロビングとは、

f:id:umecha5555:20220320191205j:plain

管理人umecha

とにかく高いロビングです。
さらに深く台に入って、相手を下げさせれば
なおいいです。

 

自分の次の動作の時間を作れるのはもちろん、
先ほどの計算でもわかる通り、高ければ高いほど落下の加速時間を
稼ぐことができるので、相手のスマッシュ射程範囲に入る頃には、
相手がスマッシュを狙いづらいの落下速度にできます。

 

 

まとめ

  • ロビングは、舐めプレイではなく、防御の技術
  • 高く打ち上げた後、重力加速度を利用して、スマッシュを打たせづらくする
  • 従って、高く打ち上げるほど質の高い防御技術となる
  • 相手がへなちょこスマッシュとなったら、すかさず そこを攻撃できる。

 

 

 

本ブログの文章や画像の無断転用を禁止します