umechaの卓球研究室

卓球大好きなumechaです カットマンを中心に異質ラバーなど、卓球に関する記事を発信します

スポンサーリンク
MENU

【卓球技術】スピードドライブの原理とやり方

こんにちは umechaです
今回の記事は 以下です

【卓球技術】スピードドライブの原理とやり方

 

⇩本記事は以下の方におススメです⇩

f:id:umecha5555:20210606122619p:plain

卓球始めました

スピードドライブ?
何それ?

 

⇩本記事を読むと以下が わかります⇩

f:id:umecha5555:20220320191205j:plain

管理人umecha

本記事は、
卓球を初めて慣れ始めた方に向けた記事です

スピードドライブは
攻撃マンにとって必須の技術で、
もはや 通常のフォア打ちのかわりに
して欲しいくらいです。

 

  

本記事で言いたいこと

スピードドライブとは、低いボールを高速で、
相手のコートに入れる技術です。

スピードドライブ:
低いボールを高速で、打ち返す技術
強い上回転が必要

 

(これとは対照的に)
スマッシュ:
高く浮いたボールを、高速で打ち落とす技術
でナックル性

スピードドライブは、低いボールを高速で相手コートに
入れるもので、メカニズムを知ると、強い上回転が
必要ということがわかります。

 

次章より、そのメカニズムと、強い上回転が
必要な理由を解説します。

 

 

上回転の性質

弧線軌道を描きます。
⇩詳しくは以下の記事を御参照ください⇩

上回転を掛けられたボールは、上回転を掛けるための
擦り上げ動作で一旦 上に浮かびます。

しかし、上回転は空中軌道的に、下に落ちる性質があります。
(副次効果として、相手ラケットに当たると浮きますが
それとは別です。)

低い位置から弧線軌道を描く上回転

 

結果論として、
上回転ネットを越えてから相手のコートで落ちる弧線軌道となります。

スピードドライブは上回転のこの性質を利用します。

 

 

上回転の性質をスピードドライブに応用

スピードドライブは 相手からの低いボールを
高速で打ち返す技術です。

 

従って、低いボールの場合、
ネットを飛び越えなくては行けません。

この時 空中を直線で進む性質のナックルで返すと、
ネットを飛び越えて、そのまま飛んでいってしまいます。

直線弾道のナックルはそのまま飛んで行ってしまう

 


しかし、スピードドライブは、強い上回転が掛かっていることにより、
相手コートに落ちてくれます。

スピードドライブは高速で弧線弾道

つまり、
スピードドライブは、ネットを超えて
相手コートに落ちてくれる弧線軌道を、
高速で描いてくれるのです

 

 

スピードドライブの副次効果

スピードドライブは、強い上回転とスピードがあります。

その時点で、相手への攻撃として十分な破壊力がありますが、
以下のような副次効果があります。

  • 対カットマン戦において、カットをナックルにしやすい
    スピードドライブは、カットをナックルになりやすいです。 
    スピードが早いので、回転が掛かる前に反発で
    飛んでしまうからです。

  • 粒高も短く止めづらい
    スピードと上回転の強さ両方あるので
    粒高もカット性ショートも短く止めるのはかなり難しいです。
    長く止めてきたカット性ショートは、スピードドライブのカモです。
    ましてや、粒高選手は台に張り付くくらいの前陣守備型なので
    スピードドライブの連打はかなり有効となります。

スピードドライブは攻撃マンにとっても脅威ですが、
カットマンや異質ラバー使いにとっても嫌な攻撃です。

 

 

スピードドライブのコツ

当然と言えば当然なのですが、
バウンドの頂点を狙うのではなく、
打球タイミングは以下

  • バウンド後 ボールが落ちた位置
  • バウンド直後

とにかく低いボールを狙いましょう。

そして、高速で擦り上げましょう。

もともと、低いボールを高速で打ち返す技術なのですが

焦ってボールが高い位置にある時にスピードドライブしてしまうと、
擦り代がなくなりますので、強い上回転が掛かりづらくなります。

 

 

まとめ

  • スピードドライブは低いボールを高速で、相手コートに
    打ち返す技術です。
  • 低いボールはネットを飛び越えた後、相手コートに落ちなくては
    いけません。
  • 従って弧線弾道が必要になります。
  • 弧線弾道にするには、上回転が必要となります。
  • 低いボールに対して、高速の弧線弾道で打ち返すには
    特に強い上回転が必要です。
  • スピードドライブのコツは、バウンドの頂点ではなく
    頂点を過ぎて落ちたところか バウンド直後の
    とにかく 低い位置を狙いましょう。
  • バウンドの頂点などの高い位置を狙うと
    擦り代が足りず 上回転が掛かりづらいです。

 

本ブログの文章や画像の無断転用を禁止します