umechaの卓球研究室

卓球大好きなumechaです カットマンを中心に異質ラバーなど、卓球に関する記事を発信します

スポンサーリンク
MENU

【卓球指導法】カットマンへの指導で拘るところは、下回転の強さではない

こんにちは umechaです
今回の記事は 以下です

 

【卓球指導法】カットマンへの指導で拘るところは、下回転の強さではない

 

⇩本記事は以下の方におススメです⇩

カットマン経験
がない指導者

カットマンだから
もっと下回転が強くないと
ダメだぞ

 

⇩本記事を読むと以下が わかります⇩

f:id:umecha5555:20220320191205j:plain

管理人umecha

本記事は、カットマン経験がないのに
カットマンを指導している方向けです

カットマンの下回転が
強くなくてはいけない
というのは、あなたの思い込みです。

 

 

本記事で言いたいこと

f:id:umecha5555:20220320191205j:plain

管理人umecha

カットマンの指導に際して、
下回転の強さに拘る必要はありません。
拘るなら 弾道の低さです。

 

私はカットマンでもない方が、
カットマンを指導してはいけないと思っています。

 

卓球は用具、戦型 どれ一つとっても奥が深く、
経験者だからと言って、

知らない分野を教えていい理由にはなりえません。

 

しかし残念ながら 卓球経験があると言う理由だけで、
無責任にカットを教えている方が、少なくないのも事実です。

 

もし、あなたが 指導しているカットマンに対して

カットマン経験
がない指導者

下回転が弱いのが問題だ

 

 

と思うのなら、
その下ナックルを全弾ミスなく
スピードドライブで返した上で指導しましょう。

 

 

そもそもカットマンとは

そもそもカットマンの定義とはなんでしょう?

カットマン経験
がない指導者

下回転で相手をミスらす人だ

 

と思ったそこの あなた は考えが安直過ぎます。

正確には、下回転で返球することにより、
防御メインのスタイルの人を指します。

 

なぜ下回転が防御となるのか?
それは、下回転は返球手段が限られるからです。

  • フォア打ちが前提
  • カット打ち打法が基礎

つまり、強打しようと思ったらバック側に回り込まなくてはならず、
スピードドライブにしてもカット打ち(持ち上げる)を
前提としたものとなります。

 

これが上回転だったらどうなるでしょう?
ただでさえ 上回転はラケットに当てただけでも返球できます。

従って、以下の結果になります。

  • フォアやバックでも自在に返球される
  • しかも、少ない負担でスピードドライブがやってくる。

 

従って 下回転は、スピードドライブや強打の前提を限定でき、
負担も大きくなることから、防御型と言えるのです。
ネットミスだとかは、その結果論に過ぎません。

 

その時に確かに 

カットマン経験
がない指導者

どっちにしても
強い下回転であれば、質の高い防御だろ

と思いがちですが 実際には,
あなた が考えるほど、そう単純な話でもありません。

 

 

下回転は強くなくてもいい

まず 当たり前すぎる前提を解説します。

『強い下回転』と『低いボール』は、残念ながら原則として、
同時に成り立ちません。

 

強い下回転を掛けようとすると、ボールの下を擦らざるをえず、
上に飛び上がり気味となります。

この時
相手コートに深く入ってくれれば、まだいいのですが、
下手をすると、浅くなります。

 

このような高くて、浅いカットは、どんなに強い下回転でも 
簡単に撃ち抜かれてしまいまいます。

このようなカットでは、通用しないのです。

 

それよりも、下ナックルでもいいから、
低く深く抑えたほうが、相手も容易には強打できません。

 

やり方ですが、
ボールが高い位置にあるときボールの真後ろを、上から下に擦ります。
(ボールが落下した低い位置でボールの下を擦るのではなく)

もともと ボールの真下ではなく、後ろを狙うため
特に相手の強打の場合、反発により玉離れが早くなってしまうので、
弱い下回転にはなりますが、低くなります。

 

実際の試合などでは、(相手にもよりますが)
カットマンのカットは意外とナックルが多いのです。

そういった事実を知っていますか?

 

 

例外:低くて強い下回転

先ほど 
『強い下回転と低い弾道は、原則として、同時に成り立たない
と言いました。

 

しかし、原則には必ず例外があるものです。
その例外とは、以下のケースが代表例です。

『粒高ラバーで相手の強いループドライブを返した場合』

 

粒高ラバーは相手の回転の影響を受けにくく、
粒をスリップさせることにより、以下の特性のあるラバーです。

  • 相手の強ドライブの影響を受けづらい
  • ドライブをそのままカットにして返す

 

⇩以下の記事を御参照ください⇩

 

従って、相手のループドライブの質が高いこと限定ですが、
低くて、強い下回転を打つことができます。

 

つまり、何が言いたいのか?

低いことを絶対条件とした場合、強い下回転を出すには、
その人のスキルではなく、条件やラバーによるということです。

 

 

だからと言って下ナックルでいいの?

カットマン経験
がない指導者

だからと言って、
下ナックルで
いいはずがないだろ

f:id:umecha5555:20220320191205j:plain

管理人umecha

もしそう思うのであれば、下ナックルを
全弾ミスなく、スピードドライブ
で返球してあげてください。

あれこれ言うのは、それからにしましょう。

 

f:id:umecha5555:20220320191205j:plain

管理人umecha

まず、下ナックルでいいかどうかですが、もちろんOKです。

 

何故か?
下ナックルは下ナックルで返球が難しいからです。

 

下ナックルの特徴ですが、以下となります。

  • 通常のフォア打ちや、スピードドライブではネットミス
    ナックルとは言え、弱い下回転が掛かっているからです。

  • オーバーミスもさせやすい
    通常打ちだとネットミスしやすいので。持ち上げようとしますが
    少しでも持ち上げる力が強かったり、ラケット角度が上を向いていると
    簡単にオーバーミスします。

 

以上の理由から、下ナックルは下ナックルで返球が難しいのです。

人によっては、絶対にオーバーミスしない強い下回転のほうが、
返しやすかったりもするのです。

 

また、弱い下回転でも、条件次第では、
強い下回転と謙遜のないボールとなります。
⇩参考記事⇩

 

 

カットマンを教えるには

結論

カットマンを指導できるのは、
当然カットマンです。

 

 

ではカットマンであることの定義は?

答えは以下となります。

  • バックカットで、相手の強ドライブを低く抑えて返球できる
  • 使用バック面ラバーは問わない
    粒高でも表ソフト等の異質も可
  • ただし 異質を使う場合は、異質ラバーの特徴と性質を熟知し、
    その特性を理解した運用ができること

 

 

多くの人が勘違いしている事とは?

まず、言っておきますが、
『フォアカットができる』
という程度であればカットマンとは言いません。

 

なぜなら、フォアカットであれば、誰でもできるからです。
攻撃マンの方でも、遊び感覚だってやっているくらいです。

 

何故フォアカットが、誰でもできるのか?
それは、腕の稼働範囲が広く、引っ掛かりの強い裏ソフトでも、
強ドライブを抑えることができるからです。

 

つまり、フォアカットが多少できるというだけの 
そこのあなたに、カットマンを指導する資格はないのです。

 

 

バックカットが
カットマンとしての条件である理由

バックカットはフォアカットに比べ、腕の稼働範囲が狭く、
そのため 相手の強ドライブを抑えにくいのです。
だから 異質ラバーを使ってまで、低く抑えなくてはいけないのです。

 

だから、カットマンはバックをメインで狙われます。
従って、バックカットが出来なくては話しにならないのです。

⇩参考記事⇩

 

 

まとめ

  • カットマンにとってカットの下回転の強さなんて関係ない。
  • 下回転の強さより、下ナックルでもいいから低さに拘りましょう。
  • 強い下回転と 低いボールは、原則として同時に成り立たない。
  • いくら強い下回転でも、高く浮き上がったボールは簡単に撃ち抜かれる。
    そんなカットは通用しない。
  • 低い下ナックルは、下ナックルで返球が難しい。
    通常のフォア打ち 通常のスピードドライブはネットミス
    しかし、持ち上げようとするとオーバーミスしやすい
  • いくら経験者であっても カットマンの経験がなく、
    カットマンの実際と実戦を知らない人間に
    カットマンを教える資格はない。
  • 知らないならば、『教えようとしない』という
    至極当たり前で簡単なことが、できない人間が多すぎる。

本ブログの文章や画像の無断転用を禁止します