umechaの卓球研究室

卓球大好きなumechaです カットマンを中心に異質ラバーなど、卓球に関する記事を発信します

スポンサーリンク
MENU

【卓球技術】手打ちでOK 体を使うことを意識してはいけない

こんにちは umechaです
今回の記事は 以下です

【卓球技術】手打ちでOK 体を使うことを意識してはいけない

  

⇩本記事は以下の方におススメです⇩

卓球始めました

卓球は、腕じゃない
体を使えって言われたよ

 

⇩本記事を読むと以下が わかります⇩

f:id:umecha5555:20220320191205j:plain

管理人umecha

いいえ
腕がメインで、体はサポートです
今回の記事は、卓球初心者の方向けです
腕がメインである理由と
体も使える方法を解説します。

 

 

本記事で言いたいこと

f:id:umecha5555:20210718181436p:plain

 

卓球において、よく指導者の方が、『体を使え』とよく言います。
しかし 『体を使う』というのを 極端にはき違えて
『体を使う=腕を使うな』と考える指導者は少なくありません。

断言します。
『体を使う=腕を使うな』は、完全な間違いです
『体を使う=腕がメインだが 腕だけになるな』が正解です。

 

普通に考えてそうでしょう。

 

腕を使ったほうが 

  • どう考えてもラケットの振りの稼働範囲が大きく
    f:id:umecha5555:20220326084749p:plain
  • 肩と肘という 御丁寧に筋肉までついている稼働関節が
    2つもあるります
    f:id:umecha5555:20220326094114p:plain

従って 使わないほうがおかしいです。

 

肩と腕をメインに体の力を抜いて打つ ただそれだけでいいのです。
そうすれば 体が状況に応じて勝手に必要な分動いてくれます。

 

体の動きを変に意識する必要は、ありません。
不自然でカッコ悪いばかりか、動作が遅れる割に
大したボールが打てません。

 

人間には、その時の状況にふさわしい行動をする力があります。
その力を信じましょう。

 

 

上回転で意識すべきこと

脱力をすること

体の力(特に肩の力)を抜いて 腕をメインに自然にフォア打ちをしてみてください。
足から体にかけて、自然に動きますよね。

人間には その時の状況に応じて臨機応変な行動をとるものです。


台に近づけば、体の動きは小さくなります。
それほど飛ばす必要がないからです。
しかし、台から離れると、ボールを飛ばさくてはいけないので、
体の動きも自然と大きくなります。

つまり 体の力を抜けば、体のほうが勝手に動いてくれます。
これが 体を使うということなのです。

 

体の構造は、人それぞれ違うので、当然フォームも人により違ってきます。
それを個性と言います。

 

 

完全な手打ちは存在しない?

ある程度、卓球に慣れると、体全体の緊張がほぐれてきます。
すると 上述したように、状況に応じて体が勝手に動いて
腕の動きをサポートしてくれます。

 

やってみると、わかりますが、
完全な手打ちのほうが難易度が高く難しいです。

何故なら 意識して肩や腕にガチガチに力まなくてはいけないからです。
つまり、完全な手打ちなど、実は存在しません。


あるとしたら、卓球を始めたばかりので慣れていない初心者の方が、
肩や腕を中心とした全身を緊張させて、腕に力を込めて打つ時だけです。

 

 

脱力するために

たくさん練習することです。
慣れてくると、緊張が解けて自然と脱力してきます。

たくさん練習して、いち早く 脱力ができるようになるためには
卓球を楽しむことです。最初は、簡単なボールのラリーだけでも楽しいですよね?

卓球を楽しむためには、よい指導者、講師に巡り合うことです。


体の動きを、自分の価値観や思い込みで強制することは
相手を支配しようとすることと同じです。
そのような指導者、講師からは離れましょう。

 

 

極端な2つの事例

私の通っている 卓球の自主講座の高齢者の話をします。

f:id:umecha5555:20220326095310p:plain

一人は、『体を使う=腕を使うな』と考え、
他人にその考えを強制する自称講師Sさん

f:id:umecha5555:20220326095544p:plain

もう一人は、手打ちを自称し、自ら『回りの人からも、
手打ちと言われる』と公言して憚らないKさん。

 

 

さて カットマンの私として、このSさんと Kさんの 
どちらのドライブが強いドライブ 深いボール 威力のある
ボールと感じたのでしょう?

 

答えは 手打ちを自称するBさんです。
このBさんのドライブは、玉が強い弧線でうねって 深く入ってくる
典型的な強いループドライブを放ってきます。

 

しかし、自称講師Sさんのドライブは、ほぼほぼ回転が
掛かっておらず、玉も浅いので、カットの練習相手になりません。

 

ドライブの威力も弱いので 自称講師Sさんのカット打ちは、
正直言ってネットミスが多いです。

どうして、こんなことになったのでしょうか?

次章で解説します

 

 

体しか使わない自称講師Sさんのドライブ

まず このSさんのフォア打ちの特徴は 腕の動作を否定していることから、
主に以下となります。

  • 肘を固定
  • ボールの擦り上げ動作を否定
  • なので、ボールの頂点を狙い、後ろから前にラケットが平行に前後する
    つまり、後ろから前に押し出すフォーム

 

つまり、以下のように メトロノームのように
頭がフラフラした打ち方となっています。

f:id:umecha5555:20220326090108p:plain



この メトロノーム打法の問題点は以下となります

  • ボールに面直にあたるので、上回転が掛からない
      f:id:umecha5555:20220326090436p:plain
  • 上回転が掛からないから、直線弾道
  • 従って、玉も浅い
  • 腕の稼働範囲が狭くて、威力がない

    f:id:umecha5555:20220326093622p:plain



つまり、カットマンから見ても、パワーが無さすぎて、
逆にカットしづらく、攻撃する以外 対応のしようがありません。

 

 

自称手打ちのKさんのドライブ

まず この方の戦型ですが、中陣ドライブ型で、
ループドライブ主戦です。

 

しかも腕がメインなので、ボールの擦り上げをしっかり行います。

従って、台から離れてボールが落ちている状態を狙います。

 

非常に強い上回転で、ボールがうねってきます。
ボールが深く入り、強い上回転なのでバウンドしてから、
低くなり、スピードアップします。

 

それはそうでしょう。腕自体は、肩の関節だけだも、
大きい稼働範囲を持って回転します。

そこに肘の回転も加わるのですから、肩関節の回転+肘関節の回転となり、
強力な上回転を掛けることができます。

 

また、一つだけ言っておきますが、Kさんは手打ちを自称していますが、卓球始めたての素人ではないので、体も動いています。

体がメインか 腕がメインか その比率の問題です。

 

 

どうしてこのようなことになるのか

重要なことを言います。
『体を使うこと』 それ自体は、実は手段であって目的ではありません。


では、目的は?
強いドライブを打つこと ボールを深く送ること 威力のあるボールを
打つことです。

 

スポーツにおいては、結果しか残りません。
どんなに過程がよくても、結果のみが問われます。

 

『体を使う=腕を使うな』と考える人は、
体を使うことが目的になってしまっているのです。

どんなにフォームがおかしくても
強いドライブ、深いボール、威力のあるボールを出せれば
それが その人にとっての正解なのです。

 

 

まとめ

  • 『体を使え=腕を使うな』は間違い
  • 上記のことを言う指導者は 体を使うことが目的になっている
  • 上記のことを言う指導方法は、人を支配しようとする教え方
  • 正解は、脱力して腕をメインに打つこと
  • そうすれば、体のほうが状況に応じて動いてくれる
  • 上達のコツは、卓球を楽しむこと
  • 卓球が楽しければ、たくさん練習したくなります
  • 体の緊張も解けやすく、脱力しやすくなります
  • だからこそ、指導者の選定が大事なのです

 

本ブログの文章や画像の無断転用を禁止します