umechaの卓球研究室

卓球大好きなumechaです カットマンを中心に異質ラバーなど、卓球に関する記事を発信します

スポンサーリンク
MENU

【卓球指導法】高齢指導者が後ろに下がるなと指導⇐意味不明

本ブログの御訪問ありがとうございます。

 

こんにちは カットマンのumechaです。
今回の記事は 以下に関する記事です。

【卓球指導法】高齢指導者が後ろに下がるなと指導⇐意味不明

  

⇩本記事は以下の方にオススメです⇩

f:id:umecha5555:20210606122619p:plain

疑問を持つ卓人

高齢の指導者に
後ろに下がるなって言われたよ
 
なんで後ろに下がっちゃダメなんだよ

⇩本記事を読むと以下がわかります⇩

f:id:umecha5555:20220320191205j:plain

管理人umecha

高齢指導者に向けた記事です
あなたが、若い頃 現役で卓球を
していた頃と同じ考えを押し付けてはダメです。
なぜなら、用具や技術が飛躍的に進歩
しているからです。

 

 

結論

f:id:umecha5555:20210718161402p:plain


攻撃マンの方でも 下がるべき時には下がるべきたと思います。

 

トップ選手の方でも 相手に強打の連打をされた場合
後ろに下がってロビングをしたりして、守備をしている場面を見ます。

 

特に攻撃マンの方でも以下の場合、下がらないといけないと思います。

  • 相手のボールが高くて深い場合
    この場合は 下がらないと タイミングがとりづらく返球しづらいです

  • 相手に強打の連打をされている場合
    下がらないと 相手の強打の威力で オーバーしやすいです
    しかし それ以前に ボールが取れません

 

そもそも 用具が進歩しているので、
相手の強いボールに対して 後ろに下がらなければ、対応できない場面が多いです。

 

疑問を持ったいきさつ

f:id:umecha5555:20210718181436p:plain


私はカットマンですが 練習している時に 
相手の女性が、高齢の指導者の人に
私のカットに対して、『下がるな』と言われていました。

 

浅いカットの場合 
以下の図1のように 下がらなくても 擦り上げることができます

 

f:id:umecha5555:20210718195529p:plain
図1 浅いカットの軌道の場合の前陣でのドライブ処理

 

 

しかし 私のカットが深く入った場合 前陣にいると、図2のように
擦り始めが、かなり上の方になってしまい 
結果 擦り上げが足りず、ネットミスをする結果となってしまいました。

f:id:umecha5555:20210718195907p:plain
図2 深いカットの軌道の場合の前陣でのドライブ処理

 

以後、指導者や講師と言われる人が 他の人を指導している内容を注意して
聞き耳を立てるようになりました

結果 高齢の指導者や講師のほとんどが、初心者の方に対して

対カットマンだけでなく 対攻撃マンの場合でも

あらゆる場面で、『後ろに下がるな』と言っていることに気づきました。

私は カットマンなので そんなことを言われたこともなかったのですが・・
『後ろに下がってはいけない』と言われているんだなぁ と思いました

 

後ろにさがってはいけないのか?

私自身は 攻撃マンの方でも。後ろに下がっていいと思います。
戦型によって、中陣からのフォアドライブ主戦型の人もいるでしょう。

 

ネットで調べてみても、なぜ 高齢の指導者や講師が
『後ろに下がるな』というのか謎でした。

 

しかし 
知恵袋を見ると、後ろに下がるデメリットとして、以下の回答がありました。

  • 守備範囲が広くなる
  • 攻撃がしづらくなる

 

以下 反論させてもらいます

 

👉守備範囲が広くなる』

そもそも 相手に強打を連打されている状況下の場合、
後ろに下がると 守備範囲がどうこうだとか 
悠長な事言っている以前の話で、ボールの動き自体が見切れません

 

守備範囲が広くなったとしても 台から離れていれば、
まだ ボールの動きが見えて、対応が可能です。

 

そもそもですが
守備に関しては 前陣防御 後陣防御とも一長一短で、
どちらがやりやすいかは 本人が判断する問題でしょう。

 

👉攻撃がしづらくなる』

まったく意味が不明です。
前陣の攻撃マンであれば、ずっと後陣にいるわけではありません。

 

状況に応じて、たまたま 後陣に下がっているだけです。

状況が好転すれば また前陣に戻ればいいのです。

 

戦型やプレーの個性を狭める前時代の価値観

結局のところ『後ろに下がるな』という 高齢指導者や講師は、
『昔 自分が教わったことを、今の人達に言っているだけではないか?』
という結論に至らざるをえないです。

 

しかし 昔と今では 
用具も進歩しています。

昔の用具がどうか知りませんが、
今の用具は後ろに下がっても
威力のあるボールを出せます。

f:id:umecha5555:20210718182640p:plain

 

逆に 用具の性能が、進歩しているが故に、
相手の強いボールに対しても、
後ろに下がらなければ、対応できない場面も多いのです。

 

卓球は 他のスポーツと違い
用具の豊富さと用具の特徴 性質の特化により 
個人個人が、自分がやりたいプレーに対して 
用具を選択して、実践できる自由さがあります。

 

その自由さが、様々な個性を引き出し、卓球をより面白くしています。

 

このような前時代の価値観は、現代の卓球に合わないばかりか
現代の卓球の醍醐味を潰すものでしかなく、必要ないと言わざるを得ません

 

 

まとめ

  • 前陣の攻撃マンの方でも、下がらなくてはいけない場合があります。

  • 現代の用具の性能では、相手の強いボールに対して、
    後ろに下がらなくては処理しきれない場面が多いです。

  • 逆に現代の用具の性能は 後ろに下がっても 十分強いボールを送れます。

  • もし 高齢の指導者に『後ろに下がるな』と言われても無視しましょう。

  • しかし 高齢の指導者は、『言われたことをやれ』と怒鳴ってくる人も
    いるのでやっかいです。

 

本ブログの文章や画像の無断転用を禁止します