umechaの卓球研究室

卓球大好きなumechaです カットマンを中心に異質ラバーなど、卓球に関する記事を発信します

スポンサーリンク
MENU

【卓球雑記】YOUTUBEにおける卓球how to動画ものの功罪

こんにちは umechaです
今回の記事は 以下です

【卓球雑記】YOUTUBEにおける卓球how to動画ものの功罪

 

⇩本記事は以下の方におススメです⇩

f:id:umecha5555:20210606122619p:plain

卓球はじめました

YOUTUBEで学習してきたよ

⇩本記事を読むと以下が わかります⇩

f:id:umecha5555:20220320191205j:plain

管理人umecha

本記事は、そんな卓球初心者の方に向けた記事です
YOUTUBEで発信している動画は、
全てあることを前提にしています。
その前提を知らないと情報を活かせない
ばかりか情報が害になります。

 

  

本記事で言いたいこと


皆さん卓球に限らず、調べたいことがある場合は、
ネットで調べることと思います。

 

便利になった反面 そういった情報は、発信者の意図しない誤解や、
その道の専門家には、当たり前すぎる重要な前提が抜けており、
初心者にとってマイナスになる可能性も否定できません。

 

従って、情報を受け取る側も、その情報を鵜呑みにするのではなく、
今の自分にとって穴のない情報になっているのか? 
精査が必要となります。

 

 

YOUTUBE卓球動画の弊害

例えば カットマン対策としてYOUTUBEを見る。
いいでしょう。

しかし、前提とすべきは
YOUTUBEにおける卓球動画の情報を発信しているのは、上級者です。

 

それはそうでしょう。
初~中級者の作ったhow toものなんて、視聴数が稼げません。

 

従って こういった類いの動画は、
全て上級者のスキルが前提となっています。

つまり、初~中級者にとって、役に立たないばかりか、
マイナスになる場合もあります。

 

次章より、上級者によるYOUTUBE動画について、
何故 初~中級者に役に立たない実例を紹介します。

 

 

弊害1 YOUYUBEの卓球ノウハウ動画は
初中級者の前提に立っていない

例題1:『カットマンにはストップや短いツッツキが効く』
これは、⇩以下の記事でも⇩解説しましたが、

 

カットマンに対する ストップや短いツッツキによる前後の揺さぶりは、
上級者レベルの強いドライブがあって、初めて成り立ちます。

 

それはそうでしょう。
上級者の強いドライブは、かなり後方に下がらないと確実に
オーバーミスしてしまいます。

 

従って かなり後方に下げられるが故に、ストップされたときに
前に戻る時間が間に合わなくなるのです。

 

しかし、相手攻撃マンのドライブが弱い場合(初~中級者に多い)
カットマンも、そこまで後ろに下がりません。

 

従ってストップや
短いツッツキで前後に揺さぶられても、何てことありません。

 

むしろ 前陣にいるカットマンにとって、ストップや短いツッツキは、
スピードドライブやスマッシュのカモ以外の何物でもありません。

 

 

 

弊害2 それしかやらなくなる


YOUTUBEの動画で学習をする。
それ自体はいいことですが、例えばカットマン対策の動画で得た内容を
まるで ○○の一つ覚えのように、それしかしなくなる人がいます。

 

例えば、以下の例題の場合を解説します。
例題2:『バック粒高のカットマンには、バック側にナックルのツッツキが有効だ』

 

確かに、バック粒高のカットマンにとって  バック側のツッツキは
一定の効果がありますが、せいぜい1ラリー中の1、2球くらいでしょう。

3球目、4球目も同じことをしてくるのであれば、
さすがにカットマンもバック側に回り込んで、フォアスマッシュをします。

そして 次のラリーからは、確実にバック側へのツッツキを警戒します。

『カットマンには○○が効く』
それは、以下の上級者のスキルがあることが大前提となります。

  • スピードドライブ スマッシュ共に威力がある。
  • つなぎ技も引き出しが多く、完成度が高い

そして、忘れたころに、○○をやるからこそ効果があるのです。

 

そもそもですが、○○の一つ覚えのように、同じことの繰り返しは、
相手がカットマンでなくても、通用しません。

 

 

まとめ

  • 卓球をやっていると、『あ、この人YOUTUBEの動画でもみたのかな?』
    とわかるときが多々あります。

  • なぜなら やっていることがYOUTUBEか何かで学習でもしたのかな?
    と思うくらい、『それ』しかやってこないからです。

  • YOUTUBEで発信している卓球のhow toものは、上級者のスキルを
    前提としています。

  • 何故なら、発信している発信者自体が上級者だからです。

  • 従って、初~中級者が、無理してマネをしても、約に立たない
    ばかりか ○○の一つ覚え症候群になります。

  • ○○の一つ覚えは、カットマンならずとも通用しません。

  • 相手だって馬鹿ではないのですから、ちゃんと警戒し、
    対策をします。

 

本ブログの文章や画像の無断転用を禁止します