umechaの卓球研究室

卓球大好きなumechaです カットマンを中心に異質ラバーなど、卓球に関する記事を発信します

スポンサーリンク
MENU

卓球において上回転を掛けると、ボールが落ちる効果(マグヌス効果)とその応用

こんにちは umechaです。
今回の記事は 以下です。

 

卓球において上回転を掛けると、
ボールが落ちる理由(マグヌス効果)
とその応用

 

⇩本記事は以下の方におススメです⇩

f:id:umecha5555:20210606122619p:plain

卓球始めました

上回転をかけると
ボールが落ちる原理が
知りたい

 

⇩本記事を読むと以下が わかります⇩

f:id:umecha5555:20220320191205j:plain

管理人umecha

本記事は、
卓球初心者の方に向けた記事です

マグヌス効果を知ることにより、
ドライブの重要性を理解しましょう。

 

  

本記事で言いたいこと

強力な上回転は、下に落ちる性質があります。

 

つまり、強いドライブ(上回転)とは
低いボールを高速弧線弾道
つまり、ネットを飛び越えた後 下に落ちるという弾道で
相手コートに送るための技術です。

 

⇩詳しくは、以下の記事を御参照ください。⇩

今回は、強いドライブが なぜ下に落ちる性質があるのか?
を解説します。

上回転が下に落ちる性質はマグヌス効果を利用しています。

 

 

なぜ上回転は下に落ちる?

上記のように上回転が掛かったボールが
矢印の方向に進行しています。

この時に空気抵抗は以下空気抵抗を加えると
空気抵抗は進行方向を妨げる方向ですので
以下となります。

では、ボールの下の気流の流れを見てみましょう。

以下となります。


ボールの下側では、ボールの回転方向と
空気抵抗による気流の方向が同じために
スムーズに気流が捌けてきます。

 

 

次に ボールの上側の気流を見てみましょう。

ボールの上側では、ボールの回転方向と
空気抵抗による気流の方向が違います。

空気抵抗による気流回転による巻き上げ気流
ぶつかっている感じとなります。

 

ここで 

  • ボールの下側は気流が捌ける
  • ボールの上側は気流が捌けない

という違いが出てきています。

 

 

この違いにより、以下の状態となります。

 

この空気の密度の違い
(=圧力差)により

ボールが下方向に落ちる力が働くのです。

これをマグヌス効果と言います。

 

 

卓球のドライブにおけるマグヌス効果の応用

現代の卓球では、用具や攻撃技術とともに
進化をしていますので、

  • 前陣は攻撃
  • 後陣は防御

上記のような
杓子定規な卓球では成り立たないのです。

 

つまり、相手のスピードドライブが熾烈すぎて
前陣にいると、ほぼほぼ返球できません。
それは以下の2つの点においてです。

  • 動体視力的
    前陣ではボールのスピードが見切れない

  • ボールの威力的
    スピードドライブによるボールの威力が強すぎて
    ボールを当てるとオーバーミスがしやすい

 

 

つまり現代の卓球では、

  • 相手のスピードドライブを警戒して後ろに下がる
  • 後ろに下がっても反撃できる攻撃力が必要

という攻防一体の運用が必要になってきます。

 

 

これはつまり
相手のボールの速さに対応ができ
威力が弱まる位置まで下がります。


すると、必然的に低いボールを
打球しなくてはなりません。

 

低いボールの打球では 以下のプロセスが必要となります。

  • 低い位置からネットを飛び越える
  • ネットを飛び越えた後落ちる

上記の弧線運動をボールのスピードを高速で
維持したまま行います。

この時に
強い上回転によるマグヌス効果が必要に
なってくるのです。

 

 

まとめ

  • 強い上回転の掛かったボールは弧線弾道を描く
  • 強い上回転を掛ける過程で少し浮上するが
  • 空気抵抗による流体力学的作用(マグヌス効果)により下に落ちる
  • 現代の卓球は用具、技術ともに向上しているので
  • 前陣で攻撃 後陣で防御というわけにはいかない
  • 相手のスピードドライブが熾烈なために後ろにいなくてはいけない
  • 後ろに下がっても強烈な攻撃をするために
  • マグヌス効果を応用したスピードドライブが必要

本ブログの文章や画像の無断転用を禁止します