umechaの卓球研究室

卓球大好きなumechaです カットマンを中心に異質ラバーなど、卓球に関する記事を発信します

スポンサーリンク
MENU

【卓球技術】スマッシュの打ち方

こんにちは umechaです
今回の記事は 以下です

【卓球技術】スマッシュの打ち方

 

⇩本記事は以下の方におススメです⇩

f:id:umecha5555:20210606122619p:plain

卓球始めて1年

スマッシュ覚えたい

⇩本記事を読むと以下が わかります⇩

f:id:umecha5555:20220320191205j:plain

管理人umecha

本記事は、卓球初心者の方で慣れてきた方に向けた記事です
スマッシュのやり方を解説します
スマッシュはたくさん練習しましょう

 

  

本記事で言いたいこと

f:id:umecha5555:20220401195656p:plain

スマッシュは 高い球を打つ技術で 高く浮き上がったボールを
上から叩きつけます。

f:id:umecha5555:20220403094508p:plain

そのため、全体重を掛けます。
全体重をどうやって掛けるのか?

それは自分から倒れるのです。
しかし 本当に倒れるわけにはいかないので、
最後に足を出して、自分の体を支えます。

その時に ”バン”っという音がするのです。

 

 

スマッシュの概要

スマッシュは
相手のボール返球が甘く 高い球になってしまった時に
バウンドして一番高くなった時を狙います。

 

理由は、2つあります

  • 高いボールは頂点付近で一瞬止まるため狙いやすい
  • 威力を出すために 全体重を掛けて、打ち下ろすため

 

全体重を掛けるためには、自分が倒れます。

しかし 本当に倒れるわけにはいかないので 
利き足でない側を前に出して、自分の体を支えます。

この時に あの 床を蹴る ”バン” という音がします。

 

高い球を腕伸ばして、
頂点を狙って打つので
ナックル(無回転)となります。
(摺り上げ動作がないため)

f:id:umecha5555:20220403095543p:plain

ナックルのため 玉の弾道は 高い位置から、直線的に相手のコートに
突き刺さります。

f:id:umecha5555:20210424114631p:plain

最速で、最短コースを高い位置から狙うため、
上回転が描く弧線弾道は必要ありません。
スマッシュはナックルの直線弾道です。

 

 

スマッシュの時の体の倒し方

スマッシュの手順は 後ほど解説しますので、まずは 
体の倒し方を解説します。

 

右図のように
右利きの選手であれば、


左脚を含む体全体を
右足のかかとをあげ、


つま先立ちにして
持ち上げます。

f:id:umecha5555:20210424143220p:plain

その後 つま先を使い、体を前に送れば 体が倒れ始めます。

従って、スマッシュは体を台に対して横にする必要があります。

利き脚側を後ろ もう片方を前

でないと上記の一連の動作ができません。

 

 

スマッシュの手順

スマッシュの手順を以下に解説します

 

手順1  相手の高い球が来ます

 

手順2  スマッシュに備えて 自分がスマッシュを打ちやすい位置に移動します

この時に体を横向きにしておきます。

 

手順3 タイミングを見計らって 以下を同時に行います

  • 腕の準備
    右利きの選手であれば ラケットを持つ右腕を後ろに振りかぶります

  • 前に倒れる準備
    同時に 右足のつま先部を使い、体全体を持ち上げます。
    この時 接地しているのは、右利きの選手であれば右足のつま先部分の裏部分だけです。
    f:id:umecha5555:20210424112806p:plain

 

手順4 つま先を使い体重を前に持っていき倒れると同時に 玉を強打

f:id:umecha5555:20210424113559p:plain

 

手順5 本当に倒れないように体を支える

右利きの選手であれば
左足を前に出して、
倒れないように
自分の体を支えましょう。
f:id:umecha5555:20210424114225p:plain

 

 

スマッシュの注意点

このように 体全体を使い、全体重を乗せるスマッシュは 
豪快で威力とスピードを出しやすいです。

 

しかし フルパワーでスマッシュするのではなく、
70%のパワーでスマッシュしましょう。

 

あまりに威力重視で、フルパワーでスマッシュしてしまう
デメリットは以下です

 

  • デメリット1  ミスの確率が上がる
    大きすぎる動作は それ自体がミスをしやすいです
  • デメリット2 態勢の戻りが遅くなる
    大きすぎる動作は 当然戻りを遅くします

 

実は 戻りが遅いと 相手がブロックに成功している場合 
ブロックの対処ができず 相手の得点となってしまいます。

 

スマッシュは 

常に 相手にブロックされる可能性を念頭にいれましょう

 

 

まとめ

  • スマッシュの打ち方は、自分が倒れるようにして 全体重を掛けて打つ

  • スマッシュを打った後、本当に倒れないように 
    右利きの選手であれば、左足を前に出して 自分の体を支えましょう。

  • スマッシュは常にブロックをされるリスクを念頭に置いて 
    ブロックされても 次のスマッシュが打てる準備をしましょう。

 

本ブログの文章や画像の無断転用を禁止します