umechaの卓球研究室

卓球大好きなumechaです カットマンを中心に異質ラバーなど、卓球に関する記事を発信します

スポンサーリンク
MENU

卓球は体格によって打ち方が違ってくる(打球の際 必ずしもバウンドの頂点で打つとは限らない)

こんにちは umechaです。
今回の記事は 以下です。

卓球は体格によって打ち方が違ってくる

 

⇩本記事は以下の方にオススメです⇩

f:id:umecha5555:20210606121656p:plain

卓球の
自主講座の講師

自主講座の講師やっているけど
教えても生徒が
うまく打てるようにならない

f:id:umecha5555:20210606112320p:plain

自主講座に通う
生徒

講師の言っている通りに打っているのに 
うまくいかない

 

 

⇩本記事を読むと以下がわかります⇩

f:id:umecha5555:20220320191205j:plain

管理人umecha

卓球は体格がモロに影響します。
人それぞれ体格が違うのに
画一的に教えていたらそうなるでしょう。

  • 卓球は、
    思っている以上に体格が影響するスポーツです。
  • 卓球は 他のスポーツ以上に 個人個人で
    違う教え方をしなくてはいけません。

 

 

結論

卓球はテニスと違い、台の上で行います。
卓球台の高さは、公式規格では76センチだそうです。

 

しかし、身長の高い低いで 台の高さはかわりません。

 

このことは
人によって、打球タイミングが
変わってくることを意味します。

 

 

ここで 
身長170㎝の人と、身長150㎝の人で 
台による影響が、どのくらい違うのかを簡易検証しましょう。

 

図中の台から肩までの高さ:Aを求めます

    f:id:umecha5555:20210602102412p:plain

 

頭の長さを 25㎝と仮定します

身長170㎝
の人の場合
台から肩までの
高さ:A
69㎝
身長150㎝
の人の場合
台から肩までの
高さ:A
49㎝

 

台がある以上

身長が150センチの人の場合、身長が170センチの人に比べ
20センチ低い位置で、打球しなくていけないことがわかります。

 

つまり
身長の高さによって、打球タイミングが
変わってくると言うことです。

 

自主講座の講師の方は、特に注意してください
あなたの打ち方を教えてはダメです。

 

 

理想のフォア打ち

当然フォア打ちに関わらずですが、
相手コートに入れることを目的とします。

従って、初心者ほど上回転を重視しなくてはなりません。

⇩理由は以下の記事を御参照ください⇩

従って、
理想のフォア打ちは上回転を掛けることによる
弧線弾道であるならば、

理想のフォア打ちの打球タイミングは
上回転を掛けやすいタイミングである
ということです

 

 

フォア打ちの打球タイミングについて

打球タイミングについて

私が 通っている自主講座の講師の方で 
フォア打ちの際
ボールがバウンドの頂点に行った時に打つと教えている方がいます

 

私はフォア打ちの際、ボールが落ちたタイミングを狙っていますが
別にそれ自体は、とりあえず今は置いておきます。

 

頂点で打つとしても、背の高い人であれば 
下の図のように、バウンドの頂点でも 
まだ ボールを擦る動作ができ上回転を掛けれます。

f:id:umecha5555:20210602110306p:plain

上回転を掛ければ ボールの弾道を弧線を描き、
安定して相手コートにボールを送ることができます。

f:id:umecha5555:20210602110641p:plain

 

 

しかし背の低い方(女性に多い)に、
そのような教え方をすると
ボールを擦る動作(下から上にラケットを振る)では、
ボールのバウンドの頂点にラケットが届きません。

 

振りかぶってスマッシュのような打ち方になります。

f:id:umecha5555:20210602111405p:plain

 

スマッシュのような打ち方はナックルになります。

当然ナックルの直線弾道になり 
ネットミスやオーバーミスをさせたりします。

 

f:id:umecha5555:20210602111807p:plain

 

当然スマッシュをさせるのであれば 
ナックルの直線弾道でいいんです

そのために 高い球を狙うのですから

 

しかし、
通常の低いボールを打つ時にこれでは、

フォア打ちの難易度を跳ね上げてしまいます。

 

 

打球する際の台からの位置ついて

さらに言うと 背の低い方の場合
台に対しての位置も考慮する必要があります。

 

相手のボールが深い場合 
相手のボールがバウンド後、落ちてくるタイミングで打つには
台から下げさせる必要があります。

f:id:umecha5555:20210602112556p:plain

 

 

結論として 
初心者で背の低い方へのフォア打ちについて

つまり 初心者の方で背の低い方に対しては 
上回転を少しでも掛けれるように
以下のポイントに注意して、教えたほうがいいです。

  • ボールが落ちてくる途中で打つ
  • 相手ボールが深い時には後ろに下がらせる 

 

 

安定したフォア打ち

なお私はフォア打ちの際 
基本的には 落ちてくるボールを狙います。

 

理由は 
ボールを下から上に強く擦る動作ができ、強い上回転をかけて 
ボールの弾道を弧線にすることにより、
威力のあるスピードドライブをしたいからです。

 

私はそこそこ身長のある方なので、
バウンドの頂点を狙ってドライブを掛けることは可能です。

しかし、
バウンドの頂点を狙って、ボールを擦る動作をすると 
高すぎる弧線弾道になり 相手によっては、
カウンターを喰らいます。

 

 

まとめ

このブログで 何度もとりあげていますが

あなたの身長 筋力 骨格 現在の年齢での
打ち方を教えてはダメです。

 

人によって、身長 骨格 筋力が違います。

相手を観察し 相手にふさわしい
打ち方を教えてあげましょう。

 

本ブログの文章や画像の無断転用を禁止します