umechaの卓球研究室

卓球大好きなumechaです カットマンを中心に異質ラバーなど、卓球に関する記事を発信します

スポンサーリンク
MENU

【卓球技術】バックカットのコツ

本ブログの御訪問ありがとうございます。

 

こんにちは umechaです。
今回の記事は 以下です。

初心者カットマンへ バックカットのコツ

 

⇩本記事は以下の方にオススメです⇩

f:id:umecha5555:20210606112320p:plain

初心者カットマン

バックカットが うまくいかね~

 

⇩本記事を読むと以下が わかります⇩

管理人umecha

自己流ですが
基本的なバックカットの
コツを解説します

 

 

結論


バックカットは非常に難しいですが
以下のようにすれば、初心者の方でも ある程度
できるようになると思います。

  • 最初 バック面のラバーは粒高を使う
  • スィングスピードを速くする
  • 体の力を抜く(あまり体の使い方に拘らない)
  • 姿勢を低くする

 

体の使い方は、個人の体格 筋力によって違います。
なので、体の使い方は解説しません。


体の使い方は、自分に合った動かし方を
模索するしかないと思います。

 

『しかし 最低限 こうしたほうがいい』
という 項目に着眼して 解説していこうと思います。

 

 

バックカットが難しい理由

以前の記事でも解説しましたが
強ドライブを抑えるのは、フォアカットよりも難しいです

 

理由は 以下によります

  • 腕の稼働範囲が小さい 
  • 体重も載せにくい
  • 体の前でカットする
    (相手のボールスピード 回転威力が強い内に
    カットしなくてはいけない)

 

 ⇩理由などは以下 御参照ください⇩

フォアカットであれば、攻撃マンの方でも
遊びでカットをやっても、ある程度カットが入ると思います。

 

しかし、バックカットでは なかなか入らないという方は 
多いのではないでしょうか?

 

 

最初にバック面に貼るラバー

最初のラバーとして
粒高ラバーをオススメする理由

まず裏ソフトは、やめましょう。

参照記事で解説したとおり、
バックカットは、フォアカットに比べて 相手の強ドライブを
抑えづらいです。

 

したがって こちらから 強い回転を掛けられる代わりに
相手の回転をモロに食らう 裏ソフトでは、まず入りません。

 

オススメは粒高のOXラバーです。

 

粒高が初心者用というわけではありません
カットマンのトップ選手でも、バック面に粒高を
使っている方もいます。

 

粒高のメリット デメリットは以下となります。

  • メリット
    バックカットで、相手の強ドライブを抑えやすい

  • デメリット
    自分から回転を掛けづらい
    攻撃がむずかしい

 

この 自分から回転をかけづらく 攻撃が難しい
という致命的な デメリットがあり、これが 運用を
難しくしています。

 

粒高ラバーで 運用の難しい中でも 運用に光を見出せば
そのまま 粒高ラバーで構わないと思います。

 

 

粒高ラバーの癖に
ついていけないのであれば・・・

もし 粒高ラバーを使っていて 上記のように感じたら
表ソフトにしてみましょう。

 

表ソフトであれば 粒高ラバーのデメリットを考えずに済みます

 

強い 下回転のバックカットを打てるし 攻撃もできます。

相手がバック側に執拗にナックルドライブを掛けようとも 
こちらから ある程度 強い回転をかけることができます。

 

ただし、表ソフトは、粒高よりも引っ掛かりが、強くなりますので
粒高よりも、相手の強ドライブが抑えづらいです。

 

 

スィングスピードを速くする

概要

スィングスピードを速くしましょう。
スィングスピードを速くすることで得られるメリットは
以下の3つです。

  • 粒高でも、ある程度強い回転を足せる
  • 相手の強いドライブも抑えやすい
  • 次の強打への備えがはやくできる

 

粒高でも、ある程度強い回転を足せる
相手の強いドライブも抑えやすい

粒高は、基本的には自分から回転を掛けづらく
下回転自体は、相手のドライブを、そのまま反射することにより
カットとします。

 

ただし、
カットマン用の粒高は、多少の引っ掛かりの強さがあります。


その際に、スィングスピードが速ければ、
相手のドライブ回転に対して、多少の下回転を足して
あげることができます。

 

結果的に、強い下回転を掛けることができ、
速いスィングスピードは、相手の強ドライブを
抑えやすくもあります。

 

 

次の強打への備えが早くできる

速いスィングスピードは、
結果的に カットでの処理速度自体を早くします。

 

実際に やってみるとわかるのですが、
ゆっくりなスィングスピードと、速いスィングスピードでは
次の強打が来るまでの余裕にかなりの違いがあります。

 

 

体の力を抜く

できれば 体の力を抜いて 練習してください。
そのうち あなたの体格 筋力に合った 
体の動かし方が、見つかるはずです。

 

最初は腕だけのバックカットで構いません
体全体でバックカットすることに、拘らなくてOKです

そこを意識すると 体に力が入ってしまいます

 

すると 体が動かなくなりますので、それこそ
腕だけのバックカットになります。

 

最初は腕だけのバックカットで 
相手のドライブが、抑えられないのかもしれません。

 

しかし 力を抜いて練習していけば、
体を動かさないことが難しいので
そのうち あなたの体格 筋力に合った体の動かし方へ
となっていきます

 

 

姿勢を低くする

姿勢を低くすることは大事です。
カットは相手の強打を抑えなくていけません。

 

そのために重要なのは、
相手のボールを引き付けることです。

 

ボールを引き付けるメリットは以下となります。

  • インパクト時のボールの勢いと回転を、できるだけ
    可能な限り、弱めた状態にできる。
  • 引き付けると、後方でのカットとなるので、オーバーミス
    しにくい

では、ボールを引き付けるにはどうしたらいいでしょうか?
姿勢を引き付けることです。

 

ボールを引き付けられない人は、姿勢が高いです。
なので、強打に対して、下がって対応しようとしても、
落ちてくるボールを、打ちにくい下でとらえないように、
早く打ってしまいます。

しかし 姿勢を低くすると、ボールが落ちてきても、
もともとの姿勢が低いので、自分がカットしやすい位置を
キープでき、結果として、ボールを引き付けることが可能となります。

 

 

まとめ

  • バック面に貼るラバーは 粒高がオススメ
  • スィングスピードを速くする。
  • 体の力を抜く
  • 姿勢を低くする

 

 

本ブログの文章や画像の無断転用を禁止します