umechaの卓球研究室

卓球大好きなumechaです カットマンを中心に異質ラバーなど、卓球に関する記事を発信します

スポンサーリンク
MENU

【卓球技術】バックカットのコツ

こんにちは umechaです。
今回の記事は 以下です。

卓球バックカットのコツ

 

⇩本記事は以下の方にオススメです⇩

f:id:umecha5555:20210606112320p:plain

初心者カットマン

バックカットが うまくいかね~

 

⇩本記事を読むと以下が わかります⇩

管理人umecha

自己流ですが
基本的なバックカットの
コツを解説します

 

 

結論

  • 最初 バック面のラバーは粒高を使う
  • ボールの高さに応じて、スタンスの高低を変える
  • フリー側の腕を少し前に持ってくる
  • 体の力を抜く(あまり体の使い方に拘らない)

 

体の使い方は 個人の体格、筋力によって違います。

 

なので、体の使い方は解説しません。
体の使い方は、
自分に合った動かし方を模索するしかないと思います。

 

しかし、
『最低限 こうでなくてはいけない』
という 項目に着眼して解説していこうと思います。

 

 

バックカットが難しい理由

バックカットは最初は、難しいです。 
バックカットで強ドライブを抑えるのは、
フォアカットよりも難しいです。

 

理由は 以下によります

  • 腕の稼働範囲が小さい 
  • 体重も載せにくい
  • 体の前でカットする

 

⇩以下 御参照ください⇩

 

フォアカットであれば 攻撃マンの方でも
遊びでカットをやっても、ある程度カットが入ると思います。

 

しかし、
バックカットでは なかなか入らないという方は 
多いのではないでしょうか?

 

 

最初にバック面に貼るラバーは粒高がおススメ

最初のラバーとして
粒高ラバーをオススメする理由

まず裏ソフトは やめましょう。

 

前述した通り バックカットは フォアカットに比べて 
相手の強ドライブを抑えづらいです

 

したがって こちらから強い回転を掛けられる代わりに
相手の回転をモロに食らう裏ソフトでは、
まずバックカットが相手コートに入りません。

先述のリンク記事を御参照ください

 

オススメは粒高のOXラバーです。
⇩以下 御参照ください⇩


粒高が初心者用というわけではありません。

カットマンのトップ選手でも、
バック面に粒高を使っている方もいます

 

粒高は以下で詳細は解説しますが 
『バックカットを入れる』 
ということであれば、比較的苦労はしません。

 

ただし 運用が難しくなります。

 

 

粒高ラバーの運用の難しさ

粒高ラバーは
『バックカットに対して カットを入れやすい』
という 大きなメリットがあります。

 

反面 
『自分から回転を掛けられない』という致命的なデメリットがあり、
これが 運用を難しくしています。

先述のリンク記事を御参照ください

 

粒高ラバーで 運用に光を見出せば
そのまま 粒高ラバーで構いません。

 

 

ボールの高さに応じて、スタンスの高低を変える

概要

よく、
『カットは相手のボールを引き付ける』
と言います。

引き付けられず、早めにカットをしてしまうので
オーバーミスとなってしまいやすいのです。

この引き付けられない原因というのが
スタンスの高さに関係してくるのです。

 

 

低い弾道のドライブに対して
スタンスが高いと・・・

例えば強い上回転のドライブだと、バウンド後の弾道が
低くなります。
低いボールに対して、高いスタンスだと以下のようになります。

引き付けたいラインまで待ってしまうと
さらに、低く落ちてしまいカットしづらくなってしまいます。

 

従って、本能的に早く打ちたくなり、
上図のような引き付けられないカットになり、
オーバーミスしやすくなります。

 

低い弾道のドライブに対して
スタンスを低くすると・・・

この場合
以下のようにスタンスを低くします。

すると、低いボールでも引き付けて
カットすることが可能となります。

 

 

高いドライブに対しては
スタンスを高くする

逆に高い弾道のドライブに対して
スタンスを低くしてしまうと、カットができなくなります。

 

従って 高いドライブの場合は
スタンスを高くしましょう。

 

 

フリー側の腕を少し前に持ってくる

フリー側に腕は少し前に持ってきましょう。

理由ですが
フリー側の腕が後ろになってしまうと
ラケット側の肩が前に出てきてしまいます。

すると、当然カットをする際にラケットを振った時に
前に出てしまい 押し出しやすくなります。

 

フリー側の腕を少し前に持ってくることによって
ラケット側の肩が後ろに 引っ込みやすくなります。

すると カットをする際にラケットを振った時に
さらに、後ろに引き込みやすくなります。

 

 

体の力を抜く

できれば 体の力を抜いて、練習してください。

 

体の力を抜くためには、変に体の動きを
意識しないことです。

 

そのうち あなたの体格 筋力に合った 
体の動かし方が見つかるはずです。

 

最初は腕だけのバックカットで構いません。
おそらくオーバーミスするでしょうがOKです

 

体全体でバックカットすることに、
拘らないようにしましょう。

そこを意識すると 体に力が入ってしまいます。

 

 

 

 

 

まとめ

今回は 初心者カットマンに向けて、
バックカットのコツとして 以下を解説しました。

 

  • バック面に貼るラバーは 粒高がオススメ
  • ボールの高さに応じて、スタンスの高低を変える
  • フリー側の腕を少し前に持ってくる
  • 体の力を抜く

 

本ブログの文章や画像の無断転用を禁止します